全国1,600店舗の「マツモトキヨシグループ」でAlipay(アリペイ)サービス開始

~訪日中国人のお買い物がさらに便利に~

 

株式会社ネットスターズ(東京都中央区、代表取締役社長 :李 剛、以下 ネットスターズ)は、株式会社マツモトキヨシホールディングス(本社:千葉県松戸市、代表取締役社長 松本 清雄、以下、「マツモトキヨシHD」)と中国人向けモバイル決済サービス「Alipay(アリペイ)」のサービス開始で合意し、ネットスターズが提供するマルチ決済プラットフォーム「StarPay」の仕組みを活用し、2018年10月30日より、ドラッグストアの「マツモトキヨシ」をはじめとするマツモトキヨシHDが運営する全国約1,600店舗で「Alipay」を開始いたします。これにより訪日中国人がさらに便利にお買い物を楽しむことができます。

 

マツモトキヨシ浅草二天門前店

 

アリババグループの関連会社 アント フィナンシャルサービスグループが提供する「Alipay」は、 世界最大規模のモバイル及びオンライン決済プラットフォームです。 中国における「Alipay」のアクティブユーザー数は7億人以上となっており、 海外でも中国人向けのオフライン決済サービスを40の国と地域で提供しています。

近年、訪日外国人は増加傾向にあり、2017年は2,869万人と10年前と比べて約3.4倍に拡大し、そのなかでも訪日中国人が全体の約26%を占めています。中国国内ではモバイル決済サービスが普及しており、現金を持ち歩かず、スマートフォンで決済をする生活スタイルが一般化しています。日本国内においても同様に、経済産業省が「キャッシュレス・ビジョン」を策定するなど、キャッシュレス化の動きがますます加速しております。

 

ネットスターズは、QRコード決済に特化したマルチ決済プラットフォーム「StarPay」を開発し、日本での加盟店開拓を行ってきました。2015年に日本初の「WeChat Pay」アクワイアラとしてフィンテック事業を開始し、2017年10月からは「LINE Pay」、2018年6月からは「Alipay」の取り扱いを開始いたしました。「StarPay」を国内外のあらゆるQRコード決済をサポートするマルチ決済プラットフォームとして普及促進をしております。

今回マツモトキヨシHDへのAlipayサービスの提供は、ネットスターズの協業事業者である東日本電信電話株式会社との連携に基づき実現しており、今後もマルチ決済プラットフォーム「StarPay」上でご利用できる決済サービスを拡充していきながら、日本国内のキャッシュレス決済普及にむけた加盟店開拓を加速していきます。

 

以 上

プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社ネットスターズ フィンテック事業部  森田、廖(リョウ)

sales-dept@netstars.co.jp TEL:03-3666-8588

 

 

 

PAGE TOP