京浜急行電鉄の沿線施設にWeChat Pay・Alipayの導入を開始

 

 株式会社ネットスターズ(東京都中央区、代表取締役社長 :李 剛、以下 ネットスターズ)は、京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区,社長:原田 一之,以下 京急電鉄)に対してマルチ決済プラットフォーム「StarPay」の提供を開始しました。

 

 サービス導入の第一弾として,羽田空港との親和性の高い「天然温泉 平和島」へ導入いたします。「天然温泉 平和島」は,京急開発株式会社(本社:東京都大田区,社長:小山 勝男,以下 京急開発)が運営しており,24時間営業の温泉施設です。「天然温泉 平和島」においては,2018年11月19日(月)から,中国人向けモバイル決済サービス「WeChat Pay(微信支付,ウィーチャットペイ)」および「Alipay(支付宝,アリペイ)」を導入しました。

 

 ネットスターズと京急電鉄は、京急沿線施設を中心にStarPayサービスを順次導入し、外国人のニーズが高まるキャッシュレス決済の環境を,積極的に整備してまいります。

 

 

 

 

 

 

【本件に関する報道関係者のお問い合わせ先】

フィンテック事業部 楊、森田

TEL:03-3666-8588 E-MAIL: sales-dept@netstars.co.jp

 

 

 

PAGE TOP