お問合わせ 採用情報 企業情報 ニュース インバウンド事業 WeChat Payment WeChat ホーム

「WeChat Payment」を大丸松坂屋が導入決定、日本の百貨店で初 BACK



2015-09-07



株式会社大丸松坂屋百貨店
株式会社ネットスターズ
 
中国最大のSNS「WeChat(ウィチャット、中国名:微信)」の決済サービス
「WeChat Payment」を大丸松坂屋が導入決定、日本の百貨店で初
訪日中国人観光客のお客様のお買い物をさらに簡単・便利にする決済方法
集客・マーケティングへも期待
 
中国最大のSNSサービス「WeChat」が展開する決済サービス「WeChat Payment(ウィチャットペイメント、中国名:微信支付)」を、株式会社大丸松坂屋百貨店(本社:東京都江東区 代表取締役社長 好本 達也)が、騰訊控股有限公司(テンセントホールディングス、本社:中国深セン市 CEO馬化騰、以下「テンセント」)のグループ企業を代理する株式会社ネットスターズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長 李 剛)を通じ導入します。決済資金は、三井住友信託銀行株式会社(本社:東京都千代田区 取締役社長 常陰 均、以下「三井住友信託」)の信託スキームを用いた分別管理を行い運用します。
三井住友信託としては、国内での実績やノウハウを生かしたインバウンド向け対応としては初の取組みです。
 
WeChatPaymentは中国で最も使われているSNS「WeChat(微信)」を基盤とするサービスです。本決済は中国で普及が進むサービスであり、日本に取り入れることで、旅行客にとってよりシームレスな購買環境を提供することができます。これにより、旅行客の一層の購買を促進し、インバウンド消費の分野拡大につながるものととらえています。
 
■株式会社大丸松坂屋百貨店の導入について
 日本の百貨店で導入するのは初めてであり、9月30日(水)から大丸・松坂屋の基幹8店舗の化粧品売場などで導入し今後は順次基幹店舗のインバウンド重点売場に拡大予定です。
当面は、インバウンド需要の多い化粧品売場などを「WeChat Payment利用売場」とし、利用促進をはかります。                                  
                                      
■「WeChat Payment」の内容と、中国での普及状況について
 「WeChat Payment」は「WeChat」の利用者向けに、テンセントのグループ企業である財付通科技有限公司(本社:中国深セン市 CEO馬化騰、以下「テンペイ」)が2013年に中国で開始した決済サービスです。
顧客は「WeChat Payment」のアプリを起動し店舗でかざすだけで支払いができ、店舗側は管理画面から支払い履歴を管理することができます。
中国全土で都市部を中心に利用が進み、特に20~30代の若い層には手軽な決済手段として親しまれています。
 
WeChat Paymentの店舗支払フロー図

WeChat Paymentの信託を用いた資金フロー図

■「WeChat Payment」が可能とする顧客囲い込みについて
「WeChat Payment」の特徴のひとつは、「WeChat」と連動した活用が可能であり、リピーター化による更なる来店や、情報のシェアを通じた新規顧客の獲得が期待されます。


WeChat Paymentが可能とする顧客とのつながり
※株式会社大丸松坂屋ではWeChatWiFiは導入対象外となります。
公式アカウントはすでに開設済みです。

 
■日本での「WeChat Payment」現状と今後
 日本を代表する流通企業で導入が決まったことにより、今後、加速度的に日本において「WeChat Payment」は普及していくものと予想されます。SNSならではの顧客とのコミュニケーション機能をいかし、インバウンドマーケティングへの活性化に寄与してまいります。
 
■テンセント/テンペイ、ネットスターズ/ウィ・ジャパン
・テンセント/テンペイ 
テンセントは1998年に創業されたインターネットサービス企業です。PC/モバイルのポータルサイト、SNSサービス、電子メール、携帯ゲーム等、多くの分野で中国でのシェア1位を誇っています。
テンペイは2005年にテンセントの決済会社として設立されました。中国全国の52以上の金融会社と提携した決済サービスを提供しています。
 
・ネットスターズ/ウィ・ジャパン
ネットスターズは2009年創業のインターネットサービス企業です。老舗SNSのQQ日本版の運営、WeChat公式アカウント内での日本商品販売の運営等、中国市場への理解と高い技術力を背景に、テンセントの日本市場への展開を常にパートナーとしてサポートし、グループ会社のウィ・ジャパン株式会社とともに、日本企業のO2O(オンラインtoオフライン)モデル構築のためのサービスを提供しています。
 
本件に関する報道関係者のお問い合わせ先
株式会社ネットスターズ 担当 木元、吉川(きっかわ)
press@netstars.co.jp     TEL:03-5540-6680
 

BACK





お問合せ