中国人に人気の「 WeChat シェイク」機能を利用 
大丸・松坂屋にて弊社提供ビーコンを活用して
WeChat 公式アカウントフォロー促進キャンペーンを実施
9月30 日(水)~ 10 月20 日(火)まで全国8店舗で実施中

 

株式会社ネットスターズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長李剛、以下、ネットスターズ)は、株式会社大丸松坂屋百貨店が全国8店舗で9月30日から実施中のWeChat公式アカウントフォロワー獲得を目的にしたキャンペーン<国慶節WeChatシェイクキャンペーン>に、自社のビーコンを提供しました。ネットスターズでは、そのほかにビーコンへの機能設定や問い合わせ窓口の運営など、企画・運営サポートを担当しています。

 

本キャンペーンは、大丸・松坂屋が全国8店舗の一部売場で中国最大のSNSサービス「WeChat」が展開する決済サービス「WeChat Payment(ウィチャットペイメント、中国名:微信支付)」を導入したことに伴い実施されるものです。WeChatユーザが所定の場所でスマートフォンをふると、Bluetoothを通じてビーコンから情報が取得できるWeChatの機能「シェイク」を活用しています。「シェイク」は中国でも店頭でお客様が楽しみながら情報取得し、販売促進につなげられる機能として現在流行している手法です。
本キャンペーンでは、店内の所定の位置で「シェイク」をすると、大丸・松坂屋のWeChat公式アカウントが表示されます。フォロワーになり、公式アカウント上で店内に表示されたパスワードを入力すると、「さくらパンダ」のデジタルステッカーがもらえます。来店者に公式アカウントを認知させフォロワー化することで、継続的に情報発信を行うことができます。

 

また、本キャンペーンの問い合わせには、ネットスターズのコンシェルジュサービス「案内家」を活用し、日本語のできない観光客に対して、チャットとボイスメッセージを通じてサポートを行っています。
ネットスターズでは今後も中国観光客をターゲットにした情報発信・サービス提供に寄与し、インバウンド市場の拡大に取り組んでまいります。
※ネットスターズの提供するビーコンは電波法に基づく認証を取得済みです(認証番号:016-200111)。

 

【WeChatシェイク機能を活用したキャンペーン概要】
・実施場所:大丸心斎橋店、梅田店、京都店、神戸店、東京店、札幌店
松坂屋名古屋店、上野店
・実施期間:9月30日(水)~10月20日(火)

 

・お客様のプレゼント獲得フロー:
① ネットワーク接続(各店のWiFi環境を活用)
② スマートフォンのBluetoothをオンにする
③ WeChatを立ち上げる
④ シェイク機能の画面でスマートフォンを振ると公式アカウントが表示される
⑤ 公式アカウントをフォローし、パスワードを入力する

⑥ デジタルステッカーが送られる

店頭での看板 ④公式アカウント表示画面 ⑤公式アカウント案内画面

 

本件に関する報道関係者のお問い合わせ先
株式会社ネットスターズ担当木元
press@netstars.co.jp TEL:03-5540-6680
PAGE TOP