2021年11月2日

株式会社ネットスターズ

 

神奈川県の「キャッシュレス・消費喚起事業」の開始について

 

 株式会社ネットスターズ(代表取締役社長 李 剛)が事業参加している共同企業体(※1)は、神奈川県とともに取り組む「キャッシュレス・消費喚起事業」を、2021年10月25日(月)から開始しましたので、お知らせいたします。

 

本事業は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により売り上げが減少している神奈川県内産業を支援するため、消費者が神奈川県内の小売店・サービス事業者・飲食店等において、「かながわPay」(※2)を通じてQRコード(※3)決済サービスで代金を支払った際、神奈川県が決済額の最大20%の金額に相当するポイント(一人あたり上限:10,000ポイント/1ポイント=1円)を消費者に還元する事業です。

 

当社は、本事業の共同企業体の一員として事業貢献できるよう、引き続き、尽力して参ります。

また、当社では今後も、QRコード決済をはじめとするキャッシュレス決済サービスの開発提供を行い、日本各地の地域経済活性化に貢献して参ります。

 

(※1)共同企業体は、横浜銀行(代表取締役頭取 大矢 恭好)、株式会社Qoil(代表取締役社長 小田 健太郎)、日本ATM株式会社(代表取締役社長 中野 裕)および当社によって構成されています。

(※2)「かながわPay」は、共同企業体が定める統一QRコードを用いた本事業専用のアプリです。対象となるQRコード決済は、「au PAY」「d払い」(※4)「はま Pay」「LINE Pay」「楽天ペイ」です。

(※3)QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

(※4)「d払い」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

 

<かながわPayアプリ>

 

 

 

 

 

 

 

 

本事情の詳細は、以下をご覧ください。

https://70cp.pref.kanagawa.jp/

神奈川県の発表は、以下をご覧ください。

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/jf2/70cp.html

 

PAGE TOP